ぐぅたらな活動

管理人の仕事・活動等で得た知識を残す為のブログ

8月 16th, 2011

VMware vSphere Clientで見れる健全性ステータスをコマンドラインから得る方法

サーバ管理, 仕事関係, by 管理人.

こんにちは。

タイトルが物凄い長いですね。
やりたいことはVMware ESXiの各種ステータスをコマンドラインで得ることが出来ないかということです。
具体的には、VMware vSphere ClientからVMware ESXiに接続して[構成]->[ハードウェア]->[健全性ステータス]の情報が得られればうれしいなぁと。

以下のコマンドラインをVMware ESXi本体上で叩くと得ることが出来ました。

# vim-cmd hostsvc/hostsummary

上記の結果から以下のようなステータスを得ることが出来ます。

プロセッサ
メモリ
ストレージ
ファン
温度
電源
電圧

ここで嬉しいのがストレージの情報。RAIDの設定が見れちゃうのです。
例えば以下のコマンドを実行すると・・・

# vim-cmd hostsvc/hostsummary | grep -i "drive.*in\senclosure\|raid.*Logical\|Controller.*Fw"
name = "Controller 0 ${RAIDカード情報}
name = "Drive 0 in enclosure ${id} on controller 0 Fw: - ONLINE - HotSpares (65535)",
name = "Drive 1 in enclosure ${id} on controller 0 Fw: - ONLINE - HotSpares (65535)",
name = "Drive 2 in enclosure ${id} on controller 0 Fw: - ONLINE - HotSpares (65535)",
name = "RAID 5 Logical Volume 0 on controller 0, Drives - OPTIMAL",

みたいに見れます(一部削っています)。流石にmedia error countとか見れないですけど。

後、精査は必要であると思いますが、以下のコマンドでもいろいろな情報が得られて便利ですね。

# esxcfg-info
# esxcfg-scsidevs -l

Back Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です